「法大で考える学術会議任命拒否」​​

​ 日本学術会議が推薦した会員候補者6人を菅義偉首相が任命しなかった問題で、本学の田中優子総長は10月5日、自身の名前で声明を出した。また、本学の研究者が所属する学会でも、声明の発表が相次いでいる。
 任命拒否に関する一連の物議と田中総長の声明を本学の教員はどう捉えているのか。学問の世界に身を置く大学新聞として是々非々の議論を取り上げ、問題の所在を考える。

10/27/2020

 

日本学術会議の任命拒否をめぐり、かつて役員を経験した本学法学部の杉田敦教授(政治学)は「当時としては少数意見だった」と苦い経験を語った。2011年から日本学術会議の会員を務め、17年からは連携会員を務めている。17年には日本学術会議で、安全保障と学術…続き

10/29/2020

 

【#2-①】山本真鳥教授(元会員)

2020/10/29

任命拒否についての受け止め

経済学部の山本真鳥教授(文化人類学、経済人類学)は2005年から9年間、日本学術会議の会員を、14年から今年9月までは連携会員を務めた。会員の2期目(第21期:08~11年)には第一部の幹事も経験した。会議の内部にいた山本教授は任命拒否をどう受け止めている…続き

【複製・転載禁止】山本真鳥教授=本人提供.jpg

10/29/2020

 

【#2-②】山本真鳥教授(元会員)

2020/10/29

学術と国、山本先生から見た学術会議

【#2-①】の続き
ここからは、学術会議の在り方について山本教授に聞いた。

 

…続き

11/04/2020

 

【#3】日本学術会議任命拒否問題について

2020/11/04

【寄稿】学問の自由はなぜ必要か 田中優子総長

法政大学新聞学会では日本学術会議の任命拒否問題に付随して議論されている学問の自由について学生はどのように考えるべきか、総長に寄稿願った。

…続き

11/04/2020

 

【#4】建石真公子教授(憲法学者)―①

2020/11/16

任命拒否問題「憲法と法解釈に基づく理解を」

法学部の建石真公子教授(憲法)は、2014年から日本学術会議の連携会員を務めている。建石教授は憲法学者の視点から、任命拒否に関する一連の議論について「憲法学説からして奇異な主張が飛び交っている」と指摘。また学術会議の必要性を訴える…続き

11/04/2020

 

【#4】建石教授(連携会員)—②

2020/11/16

任命拒否は「自由な精神の流れを傷つける」

【#4建石真公子教授(憲法学者)―①の続き】

日本学術会議が推薦した会員候補者6人を菅義偉首相が任命しなかった問題について、憲法が専門の本学法学部・建石真公子教授はどう捉えているのか。①では…続き

ご意見・情報提供

​投稿フォーム

​テーマや弊紙に対する皆さまからの

ご意見・ご感想をお待ちしております

​■関連記事​​

​現在まだ関連記事はありません。

当サイトの記事・写真の無断転載を禁じます。

© Hoseipress All Rights Reserved. No reproduction without permission.