< Back

20201108

 本学多摩キャンパス(東京都町田市)で10月31日から2日間、水野雅男教授(現代福祉学部長)による本学と東京都との共同事業「CAMP in Campus for well-being」の実証実験が行われた。2016年の熊本地震でアルピニストの野口健氏が避難所にテントを設営した実例に関心を持った水野教授は、既存の避難所生活ではなくテントを使った屋外避難の可能性を研究している。その研究が東京都と大学との連携として実施する「SDGsの推進と持続可能な都市・東京の実現」に向けた共同事業のうちの一つとして採択された。今回の実証実験は昨年度に続いて2回目の開催、東京都との共同事業として決定してからは初めての開催となった。今回は東京都内を中心に子供連れの7家族が集まり、現代福祉学部棟(17号館)と社会学部B棟(5号館)の間にある芝生広場「ひだまり広場」でテントを設営し、一夜を明かした。

20201108

【多摩】学内での屋外避難実証実験