(連載・大学生の留学)③【完】

前後の語学学習

記者が留学形態の多様化を感じたことから始まった「留学」を軸にした連載。今回は第3弾。第1弾は「形態の多様性」をテーマに本学にある複数の海外留学制度の違いを比較し、第2弾も同じテーマで短期・長期留学の違い、私費留学、近年注目されている留学形態を取りあげた。私は、英語を学ぶため半期の語学留学を経験し、帰国後も英語学習を続けている。第3弾は「前後の語学学習」をテーマに、英語学習に焦点を当て、実体験を交えながら様々な学習方法やツールを挙げる。


英語学習と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、受験勉強で単語や文法をひたすら覚えた辛い経験かもしれない。受験勉強で英語が嫌いになり、高校を卒業して英語に触れなくなったという声をよく聞く。だが、語学学習のゴールは単語や文法を覚えることではなく、コミュニケーションを取ることである。私は、受験勉強で身に付けた基礎力を生かしてネイティブと会話できたときの感動が、英語学習のモチベーションになった。語学留学中には、言語の習熟においては机上の学習だけでなく、生きた英語を聞き、話すことが重要であると強く感じた。今回は、英語学習の中でも特に生きた英語に触れるために、どのような学習方法やツールがあるかお伝えしたい。 


大学内でできることがいくつか挙げられる。一つ目は、英語に触れられる授業を取ることだ。例えば本学には、英語力底上げ、また留学準備・留学後の語学維持を目的とした「英語強化プログラム(ERP)」、英語でビジネスやマネジメント、国際関係などを学ぶ「グローバル・オープン科目」、交換留学生向けに行われ、英語で日本の文化や社会、政治などを学ぶ「交換留学生受入れプログラム(ESOP)」を始めとした、学生の目的やレベルに合わせた様々な授業が用意されている。二つ目は、Gラウンジ(市ヶ谷=大内山校舎2階、多摩=総合棟地下1階タマえもん向かい、小金井=管理棟4階)に行くことだ。開室時間内であれば、その場にいる学生や常駐のネイティブスタッフと、英語やその他言語によるコミュニケーションを楽しむことができる。この他にもより多くの機会を知りたい方には、各キャンパスの窓口(市ヶ谷=大内山校舎2階、多摩=総合棟地下1階、小金井=管理棟3階)に行ってみることを勧める。
学外では、オンライン英会話が挙げられる。インターネットの普及によって、身の回りにネイティブスピーカーがいなくても、オンライン上でいつでもどこでも会話ができる。例えば、私の通う英語学習スクールでは、学習に応じてインターネット上でレッスンの予約を取り、指定時間帯に海外にいるネイティブの講師からレッスンを受けられる。こうした英語学習スクールでなくても、Camblyなど様々なオンライン英会話ツールでネイティブスピーカーとつながることができる。ぜひ自分にあった方法を試してみてほしい。


最後に、会話にはまだチャレンジできていないが生きた英語を聞きたい、という人におすすめの学習方法がある。洋楽、映画やドラマなどの動画を通じて英語に触れることだ。私の場合、YouTube上の動画を英語学習に役立てている。ネイティブスピーカーによる洋画や洋楽を使った英語レッスン動画、日常を撮影した動画など多種多様な動画があり、会話で使えるフレーズを無料で楽しく学ぶことができる。まずは学習と思わずに、自分の好きなことや趣味を英語につなげてみるのはどうだろうか。


  
「留学」という軸で始まった計3回の連載は、本記事で終了となる。第3弾は「前後の語学学習」をテーマとし、英語学習という視点から留学前の準備や留学後の語学維持に役立つ学習方法やツールを紹介した。この連載をきっかけに、1人でも多くの人が語学学習や留学について興味をもち新たなチャレンジをすることがあれば、嬉しい限りである。【完】


(小林真冬香)

当サイトの記事・写真の無断転載を禁じます。

© Hoseipress All Rights Reserved. No reproduction without permission.