​広告

就活オンライン_法政大学新聞用バナー.png
最新号はこちらから.png

お知らせ
2021年9月11日 1049号(夏号)を電子版で掲載いたしました。​
2021年4月13日「図書館の自由に関する宣言」(前半・後半)の記事を電子版で掲載いたしました。
2021年4月7日 1048号(新歓号)を電子版で掲載いたしました。

注目記事・新着記事

2021年7月16日更新

​おすすめ

7月25日(日)

法政大学アイドル文化研究会(以下アイ文研)は、「アイドル文化を一般世間に認知してもらう」ことを目的として活動している、本学公認のサークルだ。今回取材に応じたのは、グローバル教養学部3年の相馬政輝(そうま・まさき)さんだ。小学校入学時から中学3年までの9年間オーストラリアで暮らしていた相馬さんは、当時所属していた野球チームの先輩の影響でAKB48のファンになり、そこからアイドルにハマっていったという。

7月16日(土)

市ヶ谷キャンパスに来た人なら一度は目にしたことがあるだろう。富士見坂校舎から目と鼻の先にあり、複数の警察官と大きな青い輸送車が警備している「朝鮮総連」だ。どういった活動をしているのか。東京本部に所属し、在日朝鮮人の学生を支援する学生団体「留学同」の東京委員長として働くキム・ソンミョンさん(27)に聞いてみた。

6月5日(土)

本学図書館は、利用者の貸出履歴の保存を返却後も可能とする新システムの導入を検討している。これに対し、法大生4名がプライバシー上の懸念を理由に導入反対の署名活動をオンライン署名サイト「Change.org」で6月1日に開始し、5日現在700筆を超えた。10日の学部長会議を控え、7日に署名提出する予定だ。

5月29日(土)

特定の音に対して強い否定的な感情を抱く「ミソフォニア(音嫌悪症)」という障害がある。対象となる音は、せき払いからキーボードのタイピング音まで様々だ。かつてこの障害を持ち、自らが運営する日本ミソフォニア協会の組織化・NPO法人化を目指す本学現代福祉学部の高岡稜(たかおか・りょう)さん(19)が取材に応じた。

4月13日(火)

本学図書館は、貸出期間終了後も利用者の貸出・返却履歴を閲覧できる新システムの導入を検討している(https://www.hoseipress.com/article202104073)。

4月13日(火)

本学図書館は、貸出期間終了後も利用者の貸出・返却履歴を閲覧できる新システムの導入を検討している(https://www.hoseipress.com/article202104073)。

3月25日(木)

本学の卒業式が24日、日本武道館(千代田区)で開かれた。昨年度はコロナ禍の影響で中止だった。本年度は卒業生のみが式典会場に入り、卒業生以外はインターネット上で式典の中継を見ることができるようにした。

3月5日(金)

本学図書館が利用者の貸出と返却の履歴を保存できるようにする新たなシステムの運用を検討していることが、大学関係者への取材でわかった。

2月9日(火)

昨年12月、3カ月後に控えた卒業式の出席を断念した中国の留学生がいる。千葉県に住んでいた法学部政治学科4年の宗(ゾン)さん(23)は、新型コロナの感染拡大が収まらないことを危惧して中国への帰国を決めた。

12月7日(月)

法学部政治学科では、昨年度から同学科で始まった「カリキュラム改革」を理由に、佐々木央(ささき・ひさし)兼任教員が担当する「NPO論Ⅰ」という授業は本年度末までで打ち切りが決まった。

12月16日(水)

近年、地球温暖化が私たちの暮らしに大きな影響を与えている。今夏、連日続く猛暑に「命に関わる危険な暑さ」や梅雨末期の豪雨による特別警報では「命を守る行動」がキーワードとなっており、これらは地球…

​​記事を調べる

お問い合わせ・

ご意見・情報提供ほか

​​法政大学新聞 電子版公式ツイッターです。

第1049号(2021夏号)

2021年7月14日発行

1面

第1048号(2021新歓号)

2021年4月4日発行

​​法政大学新聞 公式ツイッターです。

4月7日(水)

本紙は2021 年1月22日、4月1日から総長に就任した廣瀬克哉総長にオンラインでインタビューを行った。田中優子前総長(任期=2014年4月~21年3月)の後任となる廣瀬総長の任期は2025年3月31日まで。廣瀬総長には…

4月7日(水)

​【紙面版の続き】

・法政大学憲章(自由を生き抜く実践知)、法政大学ダイバーシティ宣言について改めて伺いたい。

4月7日(水)

本学図書館は、利用者の貸出と返却の履歴を保存できるようにする新たなシステムの運用を検討していることが、大学関係者への取材でわかった。保存する方式は、希望者のみが履歴を保存できる「オプトイン方式」とした。…

4月7日(水)

2020年に猛威を振るった新型コロナウイルスは、2021年4月現在も学生生活に大きな影響を及ぼしている。法政大学新聞学会も影響を受けた団体の一つだ。昨年度は、紙面での新聞の発行を一時的に見合わせ、電子版での記事公開を… 

4月7日(水)

3月12日、本学と陸前高田市のSDGsワークショップの最終報告会がZOOMとYouTubeを用いたオンライン上で行われた。報告会では学部1年生から院生まで10人の学生が、陸前高田市の4事業者向けのSDGsに… 

4月7日(水)

3月13日、本学多摩キャンパス現代福祉学部棟(17号館)301号教室とビデオ会議システムZOOM上で、シンポジウム「CAMP in Campus 自然災害時の避難生活の代替案の提示」が開催された。

4月7日(水)

多摩将来計画委員会と小堀哲夫建築設計事務所が主催する、多摩キャンパス環境リデザインプロジェクトのワークショップが3月5日、オンラインで開催された。同プロジェクトは本学の長期ビジョン「HOSEI2030」に向けた多摩キャンパスの将来計画づくりを目的に始まったもの。これまでに二度開催されており、第3回となる今回が最後の開催となる。

9月11日(土)

3回目の緊急事態宣言発令前の今年4月、本学では対面授業(オンラインも一部取り入れる「ハイブリッド型・ハイフレックス型」を含む)が7割に対し、完全なオンライン授業は3割だった。宣言解除後は対面授業の実施条件を緩和し、今後は対面に移行していく方針だ。